• インフォメーション
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 宇都宮中央社労士事務所
  • トップ
  • ご挨拶
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • アクセス情報
  • 採用情報
  • お問合わせ
  • 新田裕子弁護士のシンガポールレポート

    2014/10/06

    イスラム教の祝日

    シンガポールの10月6日月曜日はイスラム教の祝日です。
    イスラム教は、仏教、キリスト教と並び、シンガポールで多く信仰されている宗教の一つです。
    宗教的なスカーフを頭に巻いているムスリムの女性はオフィスにもたくさんいます。
    クライアントの方からお菓子などいただいた時、みんなにおすそ分けしたいのですが、イスラム教の方は豚は食べないので、お菓子にラードが入っていないかなど気にする必要があります。一口にイスラム教といっても、どこまで厳しく取り組んでいるかは人それぞれなので、特に気にしない人から、はっきり豚と書いてなければ食べる人、豚が入っていないと確証が持てない限り食べない人、など様々です。多民族国家ならではの気配りがいります。

    写真は連休前の金曜日、ジェトロさん主催のパーティーに参加させていただいた時の一コマです。日本のデザインに関する展覧会のレセプションだったので、浴衣で参加させていただきました。左は今回着付けをお願いしたスタイリストの方、中央はニンジャガールズというシンガポールのアイドルグループの方です。

    新田裕子弁護士のNYレポートトップへ