• インフォメーション
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 宇都宮中央社労士事務所
  • トップ
  • ご挨拶
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • アクセス情報
  • 採用情報
  • お問合わせ
  • 新田裕子弁護士のシンガポールレポート

    2015/02/18

    Happy Chinese New Year

    早いもので2015年ももう二月半ば、ロダイクでの勤務も6か月をこえ後半戦に入りました。

    日本の皆様にはなじみがないと思いますが、シンガポールは2月19日(木)、2月20日(金)と中国の旧正月です。英語ではChinese New Year(もしくはCNY)といいます。今年は週末に直結するので、みんな嬉しい4日の大型連休となっています。

    2月に入ってから街は旧正月一色で、お店では旧正月用の飾りやお菓子などを売り出し、事務所内の同僚との会話も「旧正月の予定は?」が定番でした。雰囲気としては、日本の12月後半~正月と一緒です。過ごし方も、旅行に行く人もいますが(この時期は高い・・・)、家族や親せきと食事をしたりするのが通常で、この点も日本のお正月と似ています。

    周囲の人は口をそろえて、CNYの期間中、店は全て閉まるので事前に買い出しをしておいた方がいい、とのことでした。さすがに開いている店もあるだろうと思いつつも、国全体が完全にお正月ムードなため、やや心配になり、先程パンとヨーグルトを買い込んできました。念のためスターバックスのHPも確認し、開いている店舗をマークしました。これで飢えることはなさそうです。

    CNYの連休は、今までなかなか時間のとれなかった執筆の仕事と、最近入った大型案件のリサーチにあてようと思っています。

    写真は旧正月の飾りを売っているお店です。街はこういう真っ赤な飾りで一杯です。

    新田裕子弁護士のNYレポートトップへ