• インフォメーション
  • プライバシーポリシー
  • サイトマップ
  • 宇都宮中央社労士事務所
  • トップ
  • ご挨拶
  • 業務内容
  • 弁護士等紹介
  • アクセス情報
  • 採用情報
  • お問合わせ
  • 新田裕子弁護士のシンガポールレポート

    2015/07/29

    ドリアン体験

    シンガポールは、今、ドリアンシーズン真っ只中です。道端にたくさんドリアン屋台が出ています。

    正直ドリアンは香りが独特なので、あまり好きではありませんでした。食べろといわれれば食べられるけれど、好んでは食べない、というレベルでした。

    ただ、せっかくシーズンだし、もしかしたら本当に美味しいドリアンをまだ味わっていないのかもしれないと思い、ドリアンが大好きというシンガポール人の友人に、とっておきのドリアン屋台へ連れていってもらいました。

    ドリアン2個を6人で完食しました。感想は、香りは思ったほどきつくないし、確かに美味しいといえば美味しいけれど、そこまで大好きではないかな・・・というものでした。ドリアンが大好きになるにはもっと修行が必要なようです。ただ、ドリアンによって、苦味があったり、とてもクリーミーだったりし、違いがあるのが分かって面白かったです。

    ドリアンを食べてお酒を飲むと死ぬ、と脅されていたのですが、ドリアンを食べた後、飲みに行ってしまいました(笑)。結果はなんともありませんでした。

    なお、シンガポールでは、電車へのドリアンの持込は禁止で、持ち込むと罰金500ドルが科されます。なので、シンガポール人は、自宅近くのドリアン屋台でドリアンを購入し、家で食べる、というのが、基本のようです。

    新田裕子弁護士のNYレポートトップへ